ステロイドの副作用 は? 赤ちゃんに使用してよいの?

皮膚トラブルを発症してしまった赤ちゃんの場合、小児科や皮膚科に行くとステロイド剤が配合された軟膏やクリームなどを処方されることがあります。
このステロイド剤は、合成ステロイド剤で、皮膚の再生能力の向上や炎症の沈静化に大いに役立ってくれます。
ステロイドはもともと植物や動物自信がつくり出すホルモンのひとつで、私たち自身も副腎で作り出しています。

ただ、そのままを使用するとすぐに分解されてしまい、十分な効果を発揮できなくなるため、人工的に作り出したステロイドを薬として用いているのです。
長期間にわたって使用すると、もともと作り出すことができるステロイドをわざわざ作り出さなくても良いという判断を脳が下してしまい、自分で作り出すことが難しくなり、免疫力の低下や細菌感染などのリスクが大きくなってしまいます。

赤ちゃんや妊婦さんでもお使いいただくことができますが、あくまで短期間の使用にとどめることが重要です。
医師や薬剤師からの説明でも、1日2回までなどの指示があると思いますので、必ず守るようにしましょう。

用法・容量を守ることで、副作用の症状が出ることは少なく、安心して使うことができると思います。
また、私の子どもたちのかかりつけ医には、ステロイド剤が入っていない軟膏をメインに、それでも治らない場合だけステロイド剤の配合割合が1番低い軟膏を処方してくれます。

しっかりと医師や薬剤師の説明を理解し、それを守ることで副作用の心配はなくなりますよ。ただどうしてもステロイドを使いたくない場合は保湿をしっかりしてあげることが大切ですね。私が実際に使っている保湿剤を紹介します⇒http://www.my-iservice.com/

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ