コンブチャ?昆布茶?いいえ紅茶キノコです!

コンブチャ、そう聞いてまず思い浮かぶのって昆布茶ではないでしょうか?

ここでは違います。コンブチャもとい紅茶キノコのことを言います。

紅茶キノコ?と疑問を覚える方も多いと思います。私も初めて聞いたとき少し驚いてしまいました。日本では1970年代に一度ブームになっているようなのでもしかしたらご存知の方もいらっしゃると思います。

では紅茶キノコとは一体どんなものなのだろうか、簡単にいうと紅茶に含まれるカフェイン、タンニン、糖分を発酵させた発酵飲料のことをさします。別名としてコンブチャ、コンブッカなど言われますが昆布とは一切関係ありません。

一般的に紅茶キノコは利尿作用が高く整腸効果が強いので便秘改善になったり、クエン酸による疲労回復効果があると言われています。またダイエット効果があると言われることも多いようですが、紅茶キノコは薬やダイエット飲料ではないので過度に期待しないほうがいいかもしれませんね。

そして紅茶キノコを飲んだ後は特に注意することがあります、それは歯です。

紅茶キノコは発酵させることで強い酸性になります。しかし歯は酸に非常に弱く、放置しておくと酸によって徐々に溶かされてしまいます。なので飲んだ後は必ずお水を飲むかうがいをするよう心がけましょう。

最近では簡単に購入できるようになったので、疲れがなかなか取れない方や便秘気味という方は一度試して見るのもいいかもしれませんね。

>>コンブチャを使ったダイエット効果はいかに?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ