そもそも癌とは何なのか?

癌とは別名「悪性腫瘍」とも呼び、体の命令に反した細胞群が繁殖を行うことで発生してしまいます。癌は体の正常な機能を著しく阻害し、さらには正常な細胞組織の栄養を奪いながら成長するので体のさまざまな場所に転移を開始します。癌が大きくなったり転移をしてしまうと体が衰弱するなどの自覚症状が現れ、判断ができれば早期での治療が可能となります。ですが手術のよる癌細胞の切除に繁殖が追い付かない場合でしたり、臓器の主要部分に切除不可能な細胞に関しては切除の方法は行えず抗生物質による延命治療という方法しか成すすべがありません。癌によっては抗生物質すら効果がない場合もあり、その時は非情ですが医師から余命宣告を行われる場合が多いのです。

癌の発生の原因はタバコや紫外線などの外部刺激、そして遺伝子の突然変異で起こるものだと考えられています。タバコには発がん性物質が含まれており、微量での摂取であれば人体にあまり影響はありません。ですが継続的に毎日何本も吸っていると、発がん性物質がどんどん体に蓄積され、最終的にはがん細胞の発生を引き起こしてしまうのです。発がん性物質は車の排気ガスなどにも含まれており、紫外線は大量に体に浴びてしまうと細胞を傷つけ時にはがん細胞化してしまうのでこれらを日常的に吸ったり浴びたりしているのであれば注意が必要です。

>>がん予防の最新研究⇒フコイダンサプリの口コミ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ